おすすめ助成金

キャリアアップ助成金(正社員化コース)

有期契約やパート・アルバイトの従業員を対象に、正社員に登用した場合に1人あたり57万円 の助成金が申請可能です。

転換区分 受給金額
有期契約から正社員 57万円
(42万7,500円)
有期契約から無期雇用 28.5万円
(21万3,750円)
無期雇用から正社員 28.5万円
(21万3,750円)

※ ()内は中小企業事業主以外に対する支給額および助成対象期間です。

受給対象

●有期契約:申請事業主に雇用される期間が通算して6か月以上である有期契約労働者
●無期雇用:申請事業主に雇用される期間が6か月以上である無期雇用労働者

その他にガイドラインに沿って、対象労働者に必要な処置を実施した場合に受給することができます。

キャリアアップ助成金の詳細を確認 >>

業務改善助成金

事業場内最低賃金を一定額以上引上げ、設備投資を行った場合にその費用の一部が助成されます。

事業場内最低賃金の
引上げ額
設置内容助成率 引上げる労働者数 助成上限額 助成対象事業場
30万円以上 7/10
常時使用する労働者数が企業全体で30人以下の事業場は3/4

※生産性要件を満たした場合には3/4

常時使用する労働者数が企業全体で30人以下の事業場は4/5
1~3人 50万円 事業場内最低賃金が1,000円未満の事業場
4~6人 70万円
7人以上 100万円
40万円以上 1人以上 70万円 事業場内最低賃金が800円以上1,000円未満の事業場

※ 大企業の場合は申請が出来ませんのでご了承ください 

65歳超雇用推進助成金

シミュレーション


概要 従業員70名の警備会社が、高齢者の雇用の推進を行っていこうと考えていました。
取組 定年を60歳から5歳引き上げて65歳に設定し、60歳以上の雇用保険被保険者が6名おり、社会保険労務士に就業規則の変更を依頼しました。
受給額 100万円

高年齢者雇用環境設備支援コース

高年齢者向けの機械設備の導入や雇用管理制度の整備等について、措置を実施した事業主に対して助成されます。
【助成額】
下記01、02のうち低い方の額が助成されます(上限額は1,000万円)。
  • 雇用環境整備計画の期間内に要した支給対象経費×60%<45%>
  • 雇用環境整備計画により講じられた措置によって雇用環境設備計画終了日の翌日から6ヶ月以上継続して雇用されており、かつ支給申請日の前日において当該事業主に1年以上雇用されている60歳以上の雇用保険被保険者のうち支給対象措置の対象となる者の数×28,5万円
※ <> は中小企業以外 ※生産性要件を満たした事業主については、加算あり
【助成対象となる措置】
  • 高年齢者向けの機械設備、作業方法、作業環境の導入・改善
    高年齢者の就労機会の拡大が可能となる機械設備、作業方法、作業環境の導入又は改善等
  • 高年齢者の雇用管理制度の設備
    職務に応じた賃金・能力評価制度、短時間勤務制度等の導入・改善、法定外の健康管理制度の導入等

高年齢者無期雇用転換コース

50歳以上かつ定年年齢未満の有期契約労働者を無期雇用に転換させると助成されます。
【助成額】
無期雇用転換計画期間内に無期雇用労働者に転換された対象労働者1人につき48万円<38万円>
※ <> は中小企業以外 ※生産性要件を満たした事業主については、加算あり
※ 支給申請年度における対象労働者の合計人数は、転換日を基準に、1事業所当たり10人まで
【助成対象となる措置】
  • 無期雇用転換計画の認定
    「無期雇用転換計画」を作成し、(独)高齢・障害・求職者雇用支援機構理事長に提出してその認定を受けること
  • 無期雇用転換措置の実施
    01の無期雇用転換計画に基づき、当該計画の実施期間中に、高年齢の有期契約労働者を無期雇用労働者に転換すること
scroll-to-top